HOME -> 栃木県歯科医師会について
会長挨拶

~「おいしい」と「元気」を支える 丈夫な歯~

 県民の皆様、栃木県歯科医師会のホームページへようこそ!
 健康で長生きをすることは、人々の共通の願いです。
 人々が健康でいきいきとした生活を送るためには、歯や口の健康の管理がとても重要となります。
 歯や口の健康は全身の健康の保持増進に欠かせないものであり、ひいては生活習慣病(がん、心筋梗塞、糖尿病、脳卒中・脳血管障害)の予防につながります。
 また、しっかり噛むことで唾液が分泌され、がん予防、肥満の防止、認知症の予防、脳の発達、ストレス解消、胃や腸の消化吸収の促進など様々な効果が期待できます。
 これらのことより、栃木県では、県民の皆様の健康保持増進を図るため、平成23年4月1日より「栃木県民の歯及び口腔の健康づくり推進条例」が施行されております。
 なお、栃木歯科医師会には、県内約1,000名の歯科医師が会員として所属し、県内の各市町において、県民歯科保健の向上を目指しています。
 当ホームページは、県民の皆様へ歯科医師会の事業内容並びに活動状況について、各種情報を掲載しておりますのでご活用いただだければ幸いです。
 栃木県歯科医師会は、歯科保健活動を通じて、健康寿命の延伸に取り組んで参ります。

会長 宮下 均

 

栃木県歯科医師会について

会のシンボルマーク
歯科医療を生業とする私たちにとって、歯を具象化したものを中心に据え、白は歯科医師としての正義を、青は清潔感と無限の可能性を表現しています。

 栃木県歯科医師会は、県内の会員(歯科医師)で組織する団体です。
 医道の高揚、歯科医学の進歩発達、公衆衛生の普及向上を図り、社会福祉を増進することを目的として次の事業を行っております。

栃木県歯科医師会の紹介

主な事業内容
1.8020運動推進事業
 栃木県歯科医師会では、県民の皆様が生涯にわたり、おいしく食べ、よく笑い、楽しく会話ができるように、口や歯の働きを維持・改善し、「80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう」という「8020運動」を推進しています。
2.各種コンクール事業
  • 親と子のコンクール及び3歳児よい歯のコンクール
  • よい歯の優良学校コンクール
  • よい歯の図画・ポスター、作文、標語コンクール
3.学校歯科保健の推進
  • 児童、生徒等の健康保持増進、歯科保健教育、スポーツマウスガードの普及啓発
4.口腔衛生教育地域活動
5.在宅歯科医療の推進
  • 高齢者の口腔機能向上事業
6.食育の充実と推進
7.フッ化物洗口事業
8.事業所歯科健診事業
9.口腔がん検診の実施
10.広報活動
  • 会報誌の発行・とちぎテレビ「よい歯のとちぎ」・ホームページ
11.歯科医療安全対策の推進
12.各種歯科医学会・研修会の開催
13.災害時対策事業
  • 身元確認作業、医療救護活動
14.歯科衛生士無料職業紹介所事業
15.とちぎ歯の健康センター事業
  • 障害者歯科診療事業
  • へき地、障がい者施設・高齢者施設巡回健診、歯の健康教育・健康相談
  • 永久歯等対策事業
  • 乳幼児 二次健診療育指導事業・歯科相談
各概要目次
ページの先頭へ

一般社団法人
栃木県歯科医師会

〒320-0047
栃木県宇都宮市一の沢2丁目2番5号
TEL:028-648-0471
FAX:028-648-8149